数十社以上のレンタカー会社から一括比較 オリックスレンタカー タイムズカーレンタル ニッポンレンタカー 駅レンタカー バジェットレンタカー Jネットレンタカー スカイレンタカー ホンダレンタカー ニコニコレンタカー ワンズレンタカー クイックレンタカー パラダイスレンタカー ダイドーレンタカー OTSレンタカー カースタレンタカー ABCレンタカー ゴーヤレンタカー

大阪の観光地情報

大阪 造幣局
大阪 造幣局 桜宮橋の近くにあり、貨幣のほか、勲章・褒章および金属工芸品などの製造、地金・鉱物の分析および試験、貴金属地金の精製、貴金属製品の品位証明(ホールマーク)などの事業も行っている独立行政法人。明治4年(1871)に、「大蔵省造幣寮」として創立。当時、貨幣を鋳造するためのガスの余剰分で工場内や周辺のガス灯を灯し、その明るさで見物人が押し寄せていたとか。洋風な外観とともに、画期的な洋式設備を用いた貨幣の製造工場だった。明治10年(1877)には「造幣局」に改称され、現在に至っている。工場見学には、事前予約が必要。また、構内には造幣博物館のほか、約120品種、400本の桜が満開を迎える4月中旬には「桜の通り抜け」があり、大勢の花見客で賑わっている ...
大阪 造幣局詳細へ
大阪 交通科学博物館
大阪 交通科学博物館 昭和37年(1962)、大阪環状線の開通を記念して開館。鉄道の歴史や文化、技術や科学を間近で体感できる博物館。「鉄道のおいたち」「鉄道車両のしくみ」などテーマ別の7つの展示室を巡ることができる。鉄道ファン垂涎のD51形蒸気機関車など20両におよぶ実物の鉄道車両や、模型列車の運転ショーが楽しめる「模型鉄道パノラマ室」、昭和初期の懐かしい駅舎を再現した展示「昔の駅」など盛りだくさんの内容。2005年からは第2、第3室の「鉄道の誕生」と「鉄道のあゆみ」をリニューアル。映像で展示・紹介されている。エントランスギャラリー近くの図書・資料室は、鉄道をはじめとした乗り物全般の収蔵図書全1万5千冊を誇る ...
大阪 交通科学博物館詳細へ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」風に乗る、新感覚ライド・アトラクション誕生!空中をすべるような乗り心地は、まさに空を飛ぶ感覚。あなたが目にするのは、見たこともないパークの景色。お気に入りの曲を聞きながら、贅沢で夢のような空の散歩が楽しめます。ハリウッドの街並みを見下ろして疾走する、パーク初の屋外コースター型ライド・アトラクション!...
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン詳細へ
大阪 四天王寺
大阪 四天王寺 1400年前の推古天皇元年(593)、物部守屋と蘇我馬子の合戦に勝利したことを受けて、聖徳太子が四天王を安置するために建立したと伝えられる、日本初の本格的な仏教寺院。その伽藍配置は大陸の影響を色濃く受けた「四天王寺式伽藍配置」といわれるもので、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式。日本では最も古い建築様式のひとつだそうだ。仏教の根本精神の実践の場として、中心伽藍の北には、仏法修行の道場である「敬田院」、病者に薬を施す「施薬院」、病気の者を収容し病気を癒す「療病院」、身寄りのない者や年老いた者を収容する「悲田院」の四箇院が設けられている。その後、幾度の戦禍と災難によって伽藍は焼失へ。現在の伽藍は昭和38年(1963)、当初のものを厳密に再興したものだそうだ。全敷地面積33,000坪、甲子園球場の3倍の広さをもつ四天王寺の境内には、聖徳太子を祀っている「太子殿」や、近畿三十六不動尊第一番の霊場の「亀井不動堂」、日本庭園の「極楽浄土の庭」など、たくさんの見どころが。また毎年4月22日、聖徳太子を偲んで行われる「聖霊会舞楽大法要」では、「天王寺舞楽」が舞われている(国の重要無形民俗文化財)。 ...
大阪 四天王寺詳細へ
海遊館
海遊館 太平洋を取り囲む自然環境を再現した世界最大級の水族館。飼育展示されている生き物の数は580種、30,000点にのぼる。同館で1番の人気者・ジンベエザメやマキエイなどが悠々と泳ぐ巨大な水槽「太平洋」をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚の通り抜け・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」など、趣向さまざまな水槽が魅力。海遊館の建物全体で『環太平洋生命帯』を表現しているといい、見学者はいったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、10の地域に生きるさまざまな魚たちや海の表情を間近に見ることができる。クラゲばかりを展示した「ふあふあクラゲ館」も人気。再入館手続きをすれば、当日なら何度でも入館可能。夜5時以降に入場すれば、魚たちの夜の生態も垣間見える。 ...
海遊館詳細へ
万博公園
万博公園 ★日本庭園日本万国博覧会に政府出展施設として、日本の造園技術の粋を集めて造られた名園です。西から東に向かって流れるせせらぎに沿って、上代から中世、近世、現代へと4つの造園様式を取り入れ、わび・さびの世界に時を忘れる贅沢な散歩道へといざないます。また、庭園の設計は、水の流れに人類の進歩と時の流れを象徴させ、全体として調和のとれた一つの作品を作ることも意図しています。★自然文化園木々の緑が萌ゆり、花々が咲き誇る春、滝の流れを渡る涼風の夏、木々が紅葉しススキがたなびく秋、それらが眠りチョッピり寂しさを感じさせる冬。四季折々の変化をしめす森。小鳥のさえずりや花々の香り。その風情をお楽しみください。また、催し物で賑わいを見せるお祭り広場や緑地広場がある平野部では、緑の中で都会的な雰囲気の下で楽しいひと時をお過ごしください。 ...
万博公園詳細へ
大阪城
大阪城
大阪城詳細へ