レンナビ

予約確認・取り消し

レンタカーの保険・補償制度およびNOC

戻る TOP

免責補償制度とNOCについて

  1. 免責補償制度とは?

    各レンタカー会社では、万一の事故に備えて「免責補償制度」がございます。この免責補償制度にご加入しない場合、保険適用内の損害についても一定金額(免責額)を上限としてお客様にご負担いただく必要があります。

    免責額は、各レンタカー会社の保険内容や車両クラスによって異なりますが、5~20万円程度となります。

    免責補償制度にご加入いただくことで、上記のお客様負担となる免責額が免除となります。免責補償制度のご加入については、レンタカープランに含まれている場合や、任意でご加入いただく場合がございますので、プラン内容を予めご確認ください。

    ※事故を警察に届けなかった場合(事故証明がない場合)や、無免許運転、酒酔い運転による事故等、各レンタカー会社が定める事項に違反があった場合は、保険や免責補償制度が適用されませんので、ご注意ください。

  2. NOC(ノン・オペレーション・チャージ)とは?

    万一事故・盗難・故障・汚損等を起こされ、車両の修理・清掃が必要となった場合は、その休車期間中の営業補償として一定金額をご負担いただきます(免責補償制度の適用外となりますのでご注意ください)

    NOC(ノン・オペレーション・チャージ)は、事故だけではなく、車内の汚損(シートの焦げ穴等)や盗難、当て逃げ被害等、他のお客様へ貸渡しができなくなる事象が発生した場合にも対象となりますので、ご注意ください。

    自走して予定の店舗に返却された場合:
    20,000円~30,000円程度

    自走できず予定の店舗に返却されなかった場合:
    50,000円~100,000円程度+レッカー代

    走行可能でも店舗に返却されなかった場合:
    50,000円~100,000円程度+レッカー代

    各レンタカー会社では、オプションとしてNOCによるお客様負担が免除される補償制度を取り扱っている場合もございますので、レンタカープラン内容を予めご確認ください。